2018.06.25更新

経済的に余裕があるなら入れ歯の素材は選ぼう

人間の歯の生え変わりは乳歯から永久歯の一度きりしかありません。
そのため、虫歯などで永久歯が抜けてしまうとそれ以上歯が生えてくることはなく、見た目や噛む機能に問題が生じてしまいます。
入れ歯は、失った歯の代わりになる治療として行われています。

しかし、入れ歯というのは一般的な治療ですが、粘膜の上にプラスチック樹脂でできたものをのせているだけなので違和感が強い治療法です。
入れ歯というだけで抵抗を感じてしまう人もいます。
保険適用すると、プラスチック素材になり、多くの人が使用していますが、決して使いやすい素材ではありません。
プラスチックのことをレジンとも呼ぶので、レジン製の入れ歯を多くの人が使っているということになります。
レジンは粘膜に当たると痛みがあり、割れないようにするのに厚みも必要です。
噛みにくく、いい素材とは言えません。

そこで、経済的に余裕があるのなら入れ歯の素材を選びましょう。
保険適用外の素材には、レジンよりも快適に使えるものがあるためです。
例えば、金属のチタンを使うことで強度がしっかりして厚みを減らすことができます。
金属はプラスチックとは異なり、熱伝導率がいいので食事の際にあたたかさや冷たさが分かります。
汚れがついても擦るだけで簡単に落とすことができるので臭いといった問題も解消することができます。
費用は高くなりますが、その価値はあるでしょう。

また、費用に余裕があるのであれば、新しい入れ歯治療を試すという方法もあります。
特殊な樹脂でできた入れ歯は、指で曲げられるほどやわらかく作られています。
口の中にフィットするようにできていて、違和感がとても少ない治療法です。
部分入れ歯では、通常残った歯に金属のバネをかけることで固定しますが、この樹脂を使えば金属を使用しなくてもいいので、見た目がいいというメリットもあります。

そして、入れ歯の内側にシリコンを使うという方法もあります。
シリコンややわらかい素材として知られていますが、内側に使うだけで粘膜に当たっても痛みがなく、しっかりと噛めるようになります。
何度調整しても粘膜の痛みが取れなかったという患者さんが、シリコンを使うことで噛めるようになったという例は少なくありません。

このように、違和感が強いというイメージのある入れ歯も、素材を変えるだけで快適に使うことができるようになります。
どれも保険適用外ですが、その価値を十分に感じることができます。

おすすめ記事