叢生という歯並びは日本人に多く見られる不正咬合の一種です。
叢生は歯が重なりあって凹凸に生えている状態のことで、別名では乱杭歯とも呼ばれています。
何故日本人に叢生がよく見られるのかについては骨格が関係していると考えられています。
日本人は顎骨が小さい人が多いので歯がキレイに並ぶためのスペースが足りず、重なり合って凹凸になってしまうことが原因の一つになっています。

自分や子供の歯並びが叢生かもしれないと思ったら、矯正歯科で相談して治療をすると良いでしょう。
何故なら叢生を放っておくと歯が凹凸に生えているせいで噛み合わせが悪いため、食事の時に噛みにくく不便だからです。
また、叢生は口を開けた時にガタガタの歯が見えてしまい見た目が良くない点も気になりますし、歯磨きの時に歯ブラシが届きにくい部分が出来てしまうので磨き残しをしやすくなり虫歯や歯周病になるリスクが高まるのも問題です。

叢生を治したいと思った人は矯正歯科で自分に合った治療法を提案してもらうことから始めましょう。
この不正咬合は子供の時に矯正することが出来ますし、大人になってからも治療を受けられるため、年齢的にもう遅いのではとあきらめてしまわないで矯正治療が得意な医師に相談することをおすすめします。

矯正歯科ではそれぞれの人の歯の状態に合わせた治療法を提案してくれます。
それから、歯科医師によって歯並びを治すための方針が異なるので、相談してみて考え方が合わないかもしれないと思ったら他の矯正歯科を受診してみるのも良いかもしれません。
例えば子供の歯が叢生になっている場合、ワイヤー矯正や抜歯を使って歯並びを治していく方法や、床矯正で顎の骨格に働きかけて顎のスペースを広げ、歯が生え揃うための場所を確保してから歯並びを治すといった方法を使う医師がいます。

叢生を治すための期間は、他の矯正治療と同じく1年以上といった長い期間がかかることがあります。
しかし、この悪い歯並びを治すことによって噛み合わせが良くなって食事がしやすくなったり、歯の見た目がキレイになるなどのメリットが多く得られるため、途中であきらめてしまわずに治療を続けていきましょう。
その他にも、叢生を治すと歯磨きがしやすくなって虫歯や歯周病予防になるという点は、長い人生の中でずっと自分の歯を失わずにいられることにつながるので、後になってから矯正をして良かったと思うことでしょう。
まずはお近くの矯正歯科で相談してみてはいかがでしょうか。